CATEGORY ・トム・クルーズ Instagram

トム・クルーズ(英: Tom Cruise, 1962年7月3日 – )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州シラキュース出身の俳優・映画プロデューサー・歌手。身長170cm
青春映画の端役を演じた後、『卒業白書』の瑞々しい演技で注目され、若手スター候補生(ブラット・パック)のひとりに数えられる。1986年『トップガン』の世界的大ヒットでトップスターの仲間入りを果たした。以後、次々ヒット作に出演し、行動大作からヒューマンドラマ、社会派作品から作家性の強いアート系作品と、出演作は幅広い。

『7月4日に生まれて』(1989年)と、『ザ・エージェント』(1996年)でアカデミー賞主演男優賞に、『マグノリア』 (1999) では助演男優賞にノミネートされ、名実ともに一流俳優として、不動の地位を手に入れた。1992年、長年のビジネスパートナー、ポーラ・ワグナーとともにパラマウント映画内に「クルーズ/ワグナー・プロダクションズ」を設立し、1996年の映画『ミッション:インポッシブル』で初めて映画プロデューサー業にも進出。

2004年に映画のプロモーションの為来日し、西武ドームでおこなわれた日本シリーズ・西武ライオンズ対中日ドラゴンズ戦の始球式を務めた。またアテネオリンピックの聖火ランナーを務めた。

2006年8月、婚約者をめぐるイロイロなメディアの報道に対して、パラマウント映画は一方的に14年間に及ぶ契約を打ち切る発表をした[6]。同月トム・クルーズの持つ映画製作会社「クルーズ・ワグナー・プロダクションズ」(『ミッション:インポッシブル』シリーズ』の権利を持って居る)に、NFLのワシントン・レッドスキンズのオーナーで有るダニエル・スナイダーらの投資グループが資金を拠出することになった。同年11月、ユナイテッド・アーティスツを再興する形でトム・クルーズとポーラ・ワグナーが映画制作をおこなう事をメトロ・ゴールドウィン・メイヤーが発表した[7]。またこれは、トム・クルーズのように、漠然と出演費が増え続ける俳優に対するハリウッドの転換期とも言われて居る。

その後、パラマウント映画を傘下にもつバイアコムの会長サムナー・レッドストーンは雑誌『ピープル』誌を通し「彼は素晴らしい友人だった。また友人に戻れることを望んでいる」と語った。また「私は彼を解雇に等してい無い。メディアが大げさに書きたてたんだ」等と『ウォール・ストリート・ジャーナル』誌に語ったが、トム・クルーズ本人は、その後も沈黙を貫き通していた。

トム・クルーズ

トム・クルーズ(英: Tom Cruise, 1962年7月3日 – )は、アメリカ合衆国ニューヨ…