主題歌は平井堅!新人2人と岩田剛典ら豪華キャスト共演/映画『町田くんの世界』予告編

『舟を編む』で第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞と最優秀監督賞をW受賞した石井裕也監督が、演技経験ほぼゼロの新人2人を主演に起用し、そのまわりに岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子といった豪華キャストを迎えたことも話題の『町田くんの世界』。この映画の主題歌が平井堅書き下ろしの「いてもたっても」に決定し、その楽曲入り予告編が解禁となった。

本作は、別冊マーガレットで2015年から2018年まで連載され、第20回手塚治虫文化賞・新生賞に輝いた安藤ゆきの同名コミックの映画化作品。運動も勉強も苦手で、見た目も普通な町田くん。しかし、彼には困った人のことは絶対に見過ごさず、接した人みんなの世界を変えてしまう不思議な力があった。

主演に抜てきされたのは、1000人超えのオーディションを勝ち抜いた細田佳央太(ほそだ・かなた)と関水渚(せきみず・なぎさ)。冒頭にも記した通り、演技経験ほぼゼロの2人が、最高最強のキャストとともに、全く新しい日本映画の扉を開く。石井監督だからこそ実現できた前代未聞の豪華俳優陣×超新人というキャスティングや驚天動地のラストなど、見どころも満載だ。

主題歌を手がける平井は「人はなぜ恋をするのか? 太古から我々が抱えてきたこのテーマを、こんなに瑞々しい視点で描けるなんて! 町田くんが見ている世界に音をつけれたら。そんなサントラ的感覚で書きました。純粋とエゴイズム。それでもぼくらは恋が好き」とコメント。石井監督は「この曲が映画の最後にバシッと流れることで、映画がさらに素敵なものになりました。極上の読後感を味わっていただけると確信しております。優しい歌声とメロディが頭から離れずに困っています。これこそが平井堅さんのマジックなんだと思います」と話している。

解禁となった予告編は、この世界は悪意に満ちている──、そう思いながら過ごしてきたジャーナリスト吉高(池松壮亮)の前に、1人の青年・町田くん(細田佳央太)が現れるところから幕を開ける。町田くんは、地味で、メガネで、運動も、勉強もできない、とにかく取り得なし。でも、全人類が自分の家族と思えるほど「人を愛する才能」だけはズバ抜けている。

そんな町田くんがある日、「人が大嫌い」なクラスメイトの猪原さん(関水渚)に出会ったことで、生まれて初めての「わからない感情」と向き合うことになる。そして、まわりのすべての人を巻き込んで、予測のつかない物語が動き出す。

『町田くんの世界』は6月7日より全国公開となる。

※元記事はこちら
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=13891

【関連記事・動画】
■主題歌は平井堅!新人2人と豪華キャスト共演『町田くんの世界』予告編解禁
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=13891
■[動画]演技経験ゼロの超新人ふたり×岩田剛典、高畑充希ら奇跡の豪華キャスト/映画『町田くんの世界』特別映像


■『舟を編む』がアカデミー賞外国語映画賞日本代表に選ばれ、松田龍平が喜びのコメント!
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=5847

 日本最大級の動画サービス♪ 
31日間無料お試し実施中! 
映画、ドラマ、アニメなど多彩なジャンルのビデオコンテンツが、最新作品から名作 
まで充実のラインナップ! 
話題のテレビドラマやバラエティはすぐに追っかけ配信! 
話題作も続々配信開始! 
PC、スマホ、タブレット、テレビなど、最大4台で同時視聴が可能!

Livedoor相互RSS

コメントを残す