小栗旬が沢尻エリカを口説き、二階堂ふみに甘いキス!映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』太宰のヤバすぎるセリフ集

映画コミュニティーチャット

LOADING...

小栗旬が主人公の太宰治を演じ、太宰が愛した3人の女を、宮沢りえ、沢尻エリカ、二階堂ふみが演じることも話題の『人間失格 太宰治と3人の女たち』。蜷川実花監督がメガホンをとり、本日9月13日に公開初日を迎えたこの作品より、太宰が甘すぎるセリフを連発する本編映像が解禁となった。

本作は、「走れメロス」や「斜陽」などのベストセラー作品を生み出した太宰治(小栗)の名作「人間失格」誕生秘話を、太宰自身と彼を愛した3人の女の目線から映画化。宮沢りえが太宰の正妻・津島美知子、沢尻エリカが作家志望の愛人・太田静子、二階堂ふみがもう1人の愛人で最後の女・山崎富栄を演じている。

解禁となった映像は、太宰が沢尻扮する愛人・静子の目を見つめながら「一緒に堕ちよう」と声をかけ、彼女の頬に手を添えながら「死ぬ気で恋、する?」と口説くシーンからスタート。静子とは文通から始まり、徐々に心を通わせていく一方で、二階堂演じる富栄には初対面にも関わらず、花の影に隠れ、いきなりキスを迫る。富栄に「ダメ」と小さく抵抗されるも、「ダメ? 何が?」とささやき、「大丈夫、君は僕が好きだよ」と続けると、再びキスを迫る。

実はこのセリフ、実際に太宰が富栄に言ったとされているもの。数多くの女性を恋に堕としてきたモテ男・太宰が実際に使った口説き文句を、小栗が甘く掠れた声で再現している。また、2人の愛人にはキザなセリフを連発する太宰だが、本当の自分をさらけ出せるのは、宮沢扮する正妻の美知子だけ。彼女に対しては、布団に寝転がり、まるで幼い子どものような甘え切った姿を見せている。

※元記事はこちら
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=14616

【関連記事・動画】
■小栗旬が沢尻エリカを口説き、二階堂ふみに甘いキス!
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=14616
■[動画]小栗旬と沢尻エリカの濃厚不倫シーン解禁!/映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』予告編


■[動画]太宰治演じた小栗旬、両手に花で舞台挨拶/映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』ジャパンプレミア
https://www.youtube.com/watch?v=3WMIXct_xjs

 

Livedoor相互RSS

コメントを残す