周作を巡るすずとリンの“ひみつ”が少しずつ明かされる/映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』予告編

映画コミュニティーチャット

LOADING...

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

2016年11月12日に公開され、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、仏・アヌシー国際アニメーション映画祭優秀作品賞など国内外で70以上の賞を受賞するなど大きな反響を呼んだ『この世界の片隅に』。3年の月日を超え、新たにエピソードを追加した新作『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』。

この度、すずと遊郭で働くリンを主軸に、愛らしく切ない予告編が完成した。

予告編では、すずが描いた“あいすくりいむ”や“ハッカ糖”、“わらび餅”などお菓子の絵について、リンと楽しそうに笑い合う場面や満開の桜の木を背に語り合う場面など、二人のこころの交流が描かれる。さらに前作では描かれなかった、周作を巡るすずとリンの関係性も垣間見えるシーンも。ある日、周作の部屋で“最後のページの一部が切り取られたノート”を発見したすずは、ひらがなが読めないリンが「ええお客さんが書いてくれんさった」と、リンの名前と住所が書かれた“ノートの切れ端”を嬉しそうに見せてくれたことを思い出す。白い息を吐きながら、寒空の下を曇った表情で歩くすずの姿と、「周作さん、うちは何一つリンさんに敵わん気がするよ」と話すすずの声が挿入され、周作を巡る三人の物語を喚起させる内容になっている。
2019年12月20日公開

簡単・無料登録でお小遣いを貯めよう!【自宅用PCモニター】

Livedoor相互RSS

コメントを残す