ゲーセン大国が誇る、アーケードゲームの進化のかたち/ANA PR動画「IS JAPAN COOL?」インタビュー5

映画コミュニティーチャット

LOADING...

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

全日本空輸株式会社は、訪日外国人向けのプロモーションメディア「IS JAPAN COOL?」において、日本のカルチャーである「ゲーム」をテーマとした「GAME CHRONICLE」を、2019年10月30日に公開。

本プロジェクトでは、日本から生み出され世界を熱狂の渦に巻き込み、テクノロジーの進化と共に変化を続けるゲームの世界にフォーカスを当てている。クリエイターの発想力や開発者たちの熱い想いの掛け合わせによって生み出されてきたビデオゲーム。そこにはプロフェッショナルたちが集い、切磋琢磨して磨き上げるチームワークがある。そんなゲームの世界が持つ魅力を、ファミコン・スーパーファミコンの開発者である上村雅之、プレイステーション4・プレイステーションVRの開発者である伊藤雅康などのハード開発者から、星のカービィ・大乱闘スマッシュブラザーズのディレクターで知られる桜井政博などのクリエイターを含む総勢11人の証言を元に、解き明かしていく。

音楽ゲームの本質は楽しいという感情であると語る、音楽ゲーム『maimai』の開発ディレクターの小早川賢と、ゲーム性は変わらないが、遊び方は変わっていると語る『UFOキャッチャー』シリーズのプロデューサー深澤光晴。成熟しつつあった音楽ゲーム市場で勝負をしてみようと思った小早川は、独自のデバイスだからこそ、日本だけにしかない光景があり、同様に日本だけにしかない進化もあると語る。一方、深澤は楽しさの先にある、普段の生活ではできない体験ができるクレーンゲームでは、どういう風に景品をとって遊んでもらうか、景品がとれるまでにいかに楽しんでもらうかを作り上げるかが大事とのこと。彼らにとって、日本らしいゲームとは何か。その本質とは。リアルだからこそコミュニケーションが生まれやすいアーケードゲームの変化について、何を意識してゲームを作っているのか語っている。

低コストで簡単、プロのようなホームページ作成「グーペ」

Livedoor相互RSS

コメントを残す