映画『燃えよスーリヤ!!』レビュー【ヤマシン】

映画コミュニティーチャット

LOADING...

インド映画『燃えよスーリヤ!!』映画レビューです!
ネタバレはございませんので、ご安心ください!

映画【燃えよスーリヤ!!】
劇場公開日 2019年12月27日
2018年製作/138分/G/インド
原題:Mard Ko Dard Nahi Hota
配給:ショウゲート
痛みを感じない体質の青年がカンフーで悪の組織に立ち向かう姿を描き、第43回トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門で観客賞を受賞したインド発のヒーローアクション。生まれながらにして痛みを感じない体質を持つ少年スーリヤは周囲の子どもたちからいじめられていたが、幼なじみの女の子スプリだけは彼を守ってくれていた。そんなある日、祖父から見せられたアクション映画で、「空手マン」と呼ばれる片足の格闘家マニに衝撃を受けたスーリヤは、独自にカンフーの特訓を開始する。やがて成長したスーリヤは、カンフーと痛み知らずの体を武器に、街の悪党たちを退治するべく日々戦っていた。ある日、チンピラに誘拐されそうになっていた女性を助けようとした彼の前に、長い間離れ離れになっていたスプリが現れる。スプリが街を牛耳る悪の組織に狙われていることを知ったスーリヤは、愛する彼女を守るべく立ち上がる。(映画.com引用:https://eiga.com/movie/91854/)

#ヤマシン

Livedoor相互RSS

コメントを残す