三島由紀夫、自決1年前の覚悟の決闘/映画『三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実』特報

映画コミュニティーチャット

LOADING...

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

1969年5月13日、東京大学駒場キャンパス900番教室で行われた作家三島由紀夫と、東大全共闘との伝説の討論会の様子を切り取り、三島由紀夫の生き様を映したドキュメンタリー映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』。

このドキュメンタリー映画は、伝説となった「三島由紀夫VS東大全共闘」の記録を高精細映像にリストアし、当時の関係者や現代の文学者・ジャーナリストなどの識者他、三島由紀夫についての「生きた」証言を集め、ようやくその全貌が明らかとなる、1969年5月13日と約半世紀後の現代を結ぶ作品だ。

当時、武装化していた東大全共闘ら、1000人を超える学生が集まる討論会に、警視庁の警護の申し出を断り単身で赴いた三島。そして行われた討論会は二時間半にも及び、三島由紀夫という天才が、死をも覚悟して臨み、その煌めきをまざまざとみせつけた奇跡のような時間となった。

そして2019年、その討論会を収めた貴重な記録映像のフィルム原盤が倉庫から発見された。修復され蘇った映像から浮かび上がったのは、まばゆい輝きを放つ三島由紀夫の姿だった。これまで放送されることがなかった当時の貴重なスクープ映像の全貌が、昭和・平成という二つの時代の終わりを迎え、令和となった今、現代に生きる我々に何を届けるのか。

東出昌大が本作のナビゲーターを務めることも解禁となった。三島由紀夫が書き上げた日に生涯を閉じた、“最後の”長編小説『豊饒の海』の舞台化にも出演し、多くの三島作品を読破してきた東出さんに製作陣から是非ともとオファーしたところ快諾、実現。

同時解禁する特報映像では、貴重な映像の一部が垣間見え、三島由紀夫が「私は安心している人間が嫌いなので」と啖呵を切る様子、三島に情熱的に対峙する当時の学生らの姿も確認できる。「言霊を私は残して去っていく」と訴えかける三島が、学生に残したものとは―?
2020年3月20日公開

Livedoor相互RSS

コメントを残す