映画史に燦然と輝く“山”映画の最高峰/特集上映『フレディ・M・ムーラー特集 マウンテン・トリロジー』予告編

映画コミュニティーチャット

LOADING...

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

スイスの巨匠フレディ・M・ムーラーの伝説の傑作が、35年の歳月を経て、デジタルリマスターでスクリーンに甦る!『フレディ・M・ムーラー特集 マウンテン・トリロジー』。

ダニエル・シュミットやアラン・タネールらと並び、1960年代後半に起こったスイス映画の新しい潮流「ヌーヴォー・シネマ・スイス」の旗手として知られる、フレディ・M・ムーラー。代表作である『山の焚火』は、ロカルノ国際映画祭で金豹賞(グランプリ)を獲得し、世界にムーラーの名を轟かせた。

ムーラーは、1940年10月1日生まれ。長編ドキュメンタリー映画『我ら山人たち─我々山国の人間が山間に住むのは、我々のせいではない』で、74年のロカルノ国際映画祭国際批評家賞を受賞。85年に発表した『山の焚火』はロカルノ国際映画祭金豹賞およびエキュメニカル賞を受賞し、スイス国内では25万人を動員。スイス映画アカデミーよりスイス映画史上最高の一作に選定され、世界各地で公開された。14年、自身の母が75歳の時に記した自伝に基づく劇映画『Love and Chance』(原題:Liebe und Zufall)を発表し、映画制作からの引退を発表している。

本特集では、『山の焚火』と合わせて<マウンテン・トリロジー(山三部作)>を構成する2本のドキュメンタリー映画『我ら山人たち』と『緑の山』を同時公開。民話と山人に惹かれたムーラーが、吸い寄せられるように生まれ育ったスイス・ウーリー州の山岳地帯に戻り、長期取材を敢行。そこから生まれたこれら三部作は、人と自然、そしてまるで現代を予知したかのような今日的問題を、驚くほど大胆な創意と圧倒的な映像で描き出す。
2020年2月22日公開

Livedoor相互RSS

コメントを残す