人生の選択の重み『僕たちは希望という名の列車に乗った』(感想/レビュー)【1分映画批評】

映画コミュニティーチャット

LOADING...

たちは希望という名の列車に乗った

Das schweigende Klassenzimmer

監督
ラース・クラウメ(ドイツ語版)

脚本
ラース・クラウメ

原作
ディートリッヒ・ガルスカ(ドイツ語版)『沈黙する教室』

製作
ミリアム・デュッセル
ズザンネ・フライヤー(ドイツ語版)
イザベル・フント
トーマス・クフス(ドイツ語版)
カッレ・フリッツ

製作総指揮
トーマス・ブレトシュナイダー
フランク・ヘッヒラー
カロリーネ・フォン・ゼンデン

出演者
レオナルド・シャイヒャー(ドイツ語版)
トム・グラメンツ(ドイツ語版)

音楽
クリストフ・カイザー(ドイツ語版)
ユリアン・マース(ドイツ語版)

撮影
イェンス・ハラント(ドイツ語版)

編集
バーバラ・ギス(ドイツ語版)

製作会社
Akzente Film- und Fernsehproduktion
スタジオカナル
Zero One Film
第2ドイツテレビ

配給
ドイツの旗 スタジオカナル
日本の旗 アルバトロス・フィルム=クロックワークス

公開
ドイツの旗 2018年3月1日
日本の旗 2019年5月17日[1][2]

上映時間
111分

製作国
ドイツの旗 ドイツ

言語
ドイツ語
ロシア語
テンプレートを表示

『僕たちは希望という名の列車に乗った』(ぼくたちはきぼうというなのれっしゃにのった、原題:Das schweigende Klassenzimmer=静かな教室)は、2018年のドイツの青春映画。監督はラース・クラウメ(ドイツ語版)、出演はレオナルド・シャイヒャー(ドイツ語版)とトム・グラメンツ(ドイツ語版)など。東西冷戦下の東ドイツで起きた実話を、当事者の1人ディートリッヒ・ガルスカ(ドイツ語版)のノンフィクション『沈黙する教室』(大川珠季訳、アルファベータブックス)をもとに映画化

Livedoor相互RSS

コメントを残す