画像流出JKの末路・・・『飢えたライオン』緒方貴臣監督(感想/レビュー)【1分映画批評】

映画コミュニティーチャット

LOADING...

「子宮に沈める」などの緒方貴臣監督が、報道やネットなどがもたらす情報の加虐性を描いたドラマ。ある高校の朝のホームルーム。瞳のクラス担任が未成年の淫行容疑で警察に連行された。担任の性的な動画が流出し、その相手が瞳だというデマが学校内に流れ出す。最初は軽く考えていた瞳だったが、彼氏や妹からも動画の噂について聞かれるほど、デマがさも事実かのように広がり、追いつめられた瞳は自殺という道を選択してしまう。担任の逮捕、生徒の自殺という流れにより、マスコミの報道はさらに加熱。ネットなどにより瞳の「虚像」が作られていく。2017年・第30回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門上映作品。

2017年製作/78分/日本
配給:キャットパワー

低コストで簡単、プロのようなホームページ作成「グーペ」

Livedoor相互RSS

コメントを残す