命綱無しで登ってみた結果・・・『フリーソロ』(感想/レビュー)【1分映画批評】

フリーソロ

Free Solo

監督

エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ(英語版)
ジミー・チン(英語版)

製作

エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ
ジミー・チン
シャノン・ディル
エヴァン・ヘイズ

製作総指揮

カーソン・フッド
ローリー・マクドナルド
ウォルター・パークス
ティム・パストーレ
マット・レナー
ステファン・ソネンフェルド(英語版)

出演者

アレックス・オノルド
サニ・マクキャンドレス
ジミー・チン
トミー・コールドウェル

音楽
マルコ・ベルトラミ

撮影

ジミー・チン
クレア・ポプキン
マイキー・シェーファー

編集
ボブ・アイセンハート

製作会社

リトル・モンスター・フィルムズ
アイティネラント・メディア
パークス+マクドナルド/イメージ・ネーション
ナショナルジオグラフィック・ドキュメンタリー・フィルムズ

配給
アメリカ合衆国 ナショナルジオグラフィック・ドキュメンタリー・フィルムズ(英語版)
日本 アルバトロス・フィルム

公開
アメリカ合衆国 2018年8月31日 (TFF)

日本 2019年9月6日

上映時間
100分

製作国
アメリカ合衆国

言語
英語

興行収入
$21.8 million[1][2] テンプレートを表示

『フリーソロ』(Free Solo)は、エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ(英語版)とジミー・チン(英語版)監督による2018年のアメリカ合衆国のドキュメンタリー映画である。ロッククライマーであるアレックス・オノルドの2017年6月のエル・キャピタンへのフリーソロ・クライミング(英語版)での挑戦の様子がまとめられている。ワールド・プレミアは2018年8月31日にテルライド映画祭で行われ、またその直後に第43回トロント国際映画祭(英語版)でも上映されてドキュメンタリー部門観客賞を獲得した[3]。2018年9月28日に北米で一般公開され、批評家には絶賛され、興行収入は2100万ドルに達した。第91回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を含む多数の賞を獲得した[4]。

Livedoor相互RSS

コメントを残す