中国史の闇を描いたカンヌ特別招待作品 上映時間はカンヌ史上最長の8時間超!/ドキュメンタリー映画『死霊魂』予告編

映画コミュニティーチャット

LOADING...

中国史の闇を描いて世界を震撼させたドキュメンタリーの予告編が完成!

2018年のカンヌ国際映画祭に特別招待されると「カンヌ公式作品史上最長!圧倒的!」(Screen Daily)、「これは爆発物だ!」(The Hollywood reporter)と世界の映画界を騒然とさせたワン・ビン監督の『死霊魂』。2019年には山形国際ドキュメンタリー映画祭2019で大賞と観客賞をダブル受賞し、ついに4月から劇場公開となる。

映画が捉えたのは、いまだに明らかにされていない部分も多い<反右派闘争>という中国史の闇。1950年代後半に、突然、中国共産党によって<反動的な右派>と名指しされた55万人もの人が、理由もわからず収容所に送られ、そこに世界史に類のない大飢饉が重なって、彼らが送られた収容所は凄惨極まりない地獄と化した。映画の核となるのは、「生還率わずか10%」ともいわれたこの<飢餓収容所>を生き延びた人々の証言で、Screen Daily紙はホロコーストの生存者を題材とした傑作にたとえ「我々の時代の『ショア』だ」とも賞賛している。

このたび公開された予告編では、収容所があったゴビ砂漠を風が吹き荒れる中歩く場面からはじまり、ふと立ち止まると足元に野ざらしにされた人骨が映し出される。その後、当時の壮絶な記憶を伝える証言者たちの姿が次々と登場。彼らの顔から歴史の重みがずっしりと伝わり、最後は弾圧側の証言者がワン・ビン監督に「君ならどうする?」と問いを投げかける迫力ある内容だ。

4月4日(土)から公開するシアター・イメージフォーラムでは、8時間を超える超長尺のため、通常3日前からの座席指定予約を、約1ヶ月前の3/2(月)12:00から受付を開始することを決定。1部、2部、3部とぐんぐん加速し、「途中退席厳禁の迫力!」と言われる傑作を体験するため、ぜひ早めにご予約を!

#死霊魂 #ワンビン #ドキュメンタリー

【最新アップロード動画】
https://bit.ly/2tEwecV

【最近の人気動画ベスト5】
https://bit.ly/37dRvZF

【人気俳優インタビュー動画】
https://bit.ly/2sIIs3P

【ムビコレ】
http://www.moviecollection.jp

【twitter】

【Facebook】
https://www.facebook.com/moviecollection/

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

Livedoor相互RSS

コメントを残す